« 夏らしい日には冷やし汁粉ですよね | トップページ | 気さくなオニイサン食堂 »

2010年7月 5日 (月)

献立の悩み、中華編

003 きのうの夕食は、餃子とさっぱり春雨入りの中華サラダ、で簡単に。

 きょうの餃子は底だけでなく側面もカリカリに焼いてみました。中身は豚挽き肉、ニラ、そしてたっぷりのサヤインゲン、コリコリの食感がおいしいのよ。

写真では焦げ目のおかげで分かりませんが、手作りの餃子の皮にはビオ(有機)の中力小麦粉を使うので、ちょっとベージュ色っぽくなるのが難点。ま、いつものことなので、最初は驚いていた夫も平然と食べてくれます。夏はやっぱり餃子がオイシイ~。中華には冷えひえのロゼワインもぐいぐい進みます。

 とはいえ、困ったこともあるの。それは献立の悩み。

 主婦なら献立のことで頭を悩ませるのは当たり前、で、わたしも毎日あれこれと手を変え品を変えっって感じでアレコレ作っています。

 ただ、パリでは中華系の材料はどこでも入手できるわけではなく、中華街まで出かけなければなりません。

 昨日はブランチのベトナムレストランのために、中華街まで出かけたので、豚ばら肉を目の前で粗めに挽いてもらい、ニラもゲット。で、こんな献立になったのだけど、昼にベトナム風、そして夕食には中華とエスニックな料理が重なっちゃう。

 わたしとしては、週に1回、せいぜい2回のエスニック料理、それも続けてでなく、というのが望みなんですが、ニラだってひき肉だって買ったら即使いたいしねぇ。

 とはいえ、せっかく中華街に出かけたら、それなりに食べたいものがあります。

 昨日は夫と一緒でしたが、ひとりだって辛い辛い麺類とか、ここでしか食べられないモノをつい、食べちゃう。

 フレンチなら(カロリーの問題は別にすれば)昼、夜重なっても全然平気、イタリアンもまあ大丈夫、なんですが、和食とエスニックは重なるのがイヤなんですよ。

 みなさん、1週間の献立で、和食、日本風洋食(ハンバーグ、オムライス、ハヤシライスなどなど)、エスニック、中華、フレンチ、イタリアンなど、どんな具合に組み合わせてますか?

 夫婦ふたりっきりの暮らしなので、残り物の悩みが大きい上に、こんな献立の苦労もあり、料理は大好きだけど、考え込んじゃうことも多いわたしです。

 

|

« 夏らしい日には冷やし汁粉ですよね | トップページ | 気さくなオニイサン食堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏らしい日には冷やし汁粉ですよね | トップページ | 気さくなオニイサン食堂 »