« 言葉が分からないと料理もタイヘン | トップページ | 最近のお気に入りはココのパン »

2010年7月18日 (日)

バスクカフェ、の支店で軽く食べるのもイイ

014 革命記念日の大雨のお陰で、ちょっと涼しく、そしてとっても良い天気。気持ちの良い土曜日だから、朝はシャンドマルス公園で、あいかわらずの太極拳(夫が夢中なので、わたしもお付き合い、飽きっぽい夫にしては、ずいぶんと続いています)、マルシェで買い物して、ウチで野菜たっぷり(というか、ほとんど野菜のみ)の昼ごはん。

 で、夕方ちょっと散歩がてら、歩いてバスクカフェで軽くつまむことにしました。

 ここは、先日書いたバスクカフェの支店で、ほんの数件しか離れていない新しい店です。

 こっちのほうがバスク色が強く、ビストロ度が高い、そして、値段もほ~んのちょっぴり高めかな。(といっても、本店が格安、庶民カフェだから、ちょっと高いといっても知れたもの)。

016  タパスの盛り合わせ、パエリアなんかもあるんですが、わたしのイチオシはコック貝のソテー。ニンニク&ハーブバターで炒めてあるだけなのに、大粒で身のしっかりしたコック貝がうんまい。

 普通マルシェで買うコック貝は日本のアサリ位なのに、この店のは倍近い大きさ、しかも、砂出しが上手で絶対にジャリッって不愉快な思いをしません。(貝が大好きなのだけど、あの砂を噛んだイヤ~な感じが我慢できないワガママなわたし…)。

 バスク地方のおいしいハム、スペインっぽい海老のニンニク炒めを注文して、バスクの地ビール「オルダルキ」、そして、さっぱり白ワインが進む、進む、どんどん飲める!!!!

 夕方(っつうか日本では夜?)8時過ぎのパリは明るい、その中で飲むのは昼酒って感じで、すごくイイ気持ち。

 週末の夕食はもう少し遅めなのでしょう、店は食前に一杯という感じの客しかいないし、お店の人たちものんびり。

 ワインバーなんて気取ったモノじゃないんですが、夏の夕方はこんな風にありたい、というイメージの具現化、でしたね。こんなもんで、満足出来る=高望み、見栄っ張りと無関係な、自分自身も好きになれる。

 さすがに、ちょっとビタミン不足なので、帰宅してフルーツを食べましたが、トータルすれば昼に野菜たっぷり、夜はたんぱく質系ですから、一日分ならちょうど良いかも。ま、もう少しアルコールを控えればね(苦笑)

|

« 言葉が分からないと料理もタイヘン | トップページ | 最近のお気に入りはココのパン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉が分からないと料理もタイヘン | トップページ | 最近のお気に入りはココのパン »