« バカラのフリット ストレートに味わうならコレ | トップページ | マトウダイ これまたフランスではなじみの魚なんです »

2010年6月 3日 (木)

満足できなかった ことしのアスパラガス

007 最近は日本でも手に入りやすくなった(らしい…7年前以前、わたしが東京で暮らしていた時はたま~に驚くほど値段の高い北海道産か輸入物しかなかったのに)

白アスパラガスですが、なんといっても本場はヨーロッパ。パリに来て最初の春は普通に八百屋で白アスパラガスが買えるのに感激、夢中になったものです。

最初の熱が冷めても、季節の野菜として普通に食べていたのですが、今年はたった3回しか食卓に上りませんでした。

 というのは(多分)今年の春は天候不順、冬が長引いて春らしい陽気がほとんどなかったせいで、アスパラガスが不作だったから。

 とりあえず早々と輸入品らしい、値段の高いのを食べて「ま、こんなもんかなぁ。国産の安くておいしいのが出るのを待ちましょう」と思ったっきり。

 白アスパラガスの中でもわたしの「お気に入り」は穂先が紫色のヴィオレというものなんですが、これなんか殆んど見かけなかったくらいの不作。

 写真は普通の太目の全身白いアスパラガスなんですが、普通なら5月の半ばくらいでシーズンが終わってしまうのが、ついこの間になって八百屋に山積み。

 ちなみに、昨日書いたアビランド社製の花柄の皿に乗せました。(まだソースをかけていない状態)

 単にシーズンがずれ込んだのか、とも思いましたが、味はいまひとつ。

 冬が長くて、春らしい春がなかった=春野菜の出番がなかったわけで、なんだか1年を損したって感じ。

 日本ではもう死語かな??(苦笑) ザンネ~ン!

|

« バカラのフリット ストレートに味わうならコレ | トップページ | マトウダイ これまたフランスではなじみの魚なんです »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカラのフリット ストレートに味わうならコレ | トップページ | マトウダイ これまたフランスではなじみの魚なんです »