« 個人的連絡&お願いです | トップページ | 合席御免の大衆食堂 »

2010年6月10日 (木)

ランチが断然オトクなレストラン

001_2   私の偏見なんですけど、パリ15区の南側に位置するレストランはハズレが多い気がします。

有名店での経験の後にシェフが独立ってパターンが多いのだけど、経営がツライ???で、値段は高くないといっても料理と比べると決して満足できなかったり。場所もさびしい住宅地にポツン、サービスも…。

でも、今日出かけた店はとっても良かった、まあ、15区でも真ん中あたりなので「南側」ではありませんけどね。

ここのところ、評判のレストランですが、店内は気取らない、というか正直言って「学食レベル」かも…。(ゴメンなさい)

005 で、お目当ては18ユーロのランチです。前日の「みんなでレストラン」企画でも20.1ユーロで安いと感激したのが馬鹿みたい。ランチはメイン料理はひとつだけ、前菜かデザートは通常メニューから選びます。

前菜は10~13ユーロ、普通のメインは23ユーロ前後ですから、この価格設定は驚きです。

前菜にはウズラのローストがたっぷりと入ったシーザーサラダ(残念、ドレッシングのアンチョビーのせいで少し塩辛い)、メインは写真のウサギ肉の春巻き。

 中くらいの(ちょっと短い)海苔巻きサイズにぎっしりとウサギの肉が入ったのがひとり2本、ドカーンのボリューム。ウサギ肉にはレモングラスの香りがさわやか。サヤインゲンのピュレーとソースが敷いてあります。

006 サービスの人も感じがいいし(ひとりイケメンの若い男性はアルバイトかな?無言で料理を運んだり下げたりだけ…)、「美味しかったわ~」って声をかけたら、シェフはニッコニコ。(写真)

グラスワインを頼んだのですが、1杯6ユーロと定食に負けない安さです。

このランチ、絶対お勧めですよ~。

食事中に日本人のお姉さま4人組(私と同年代くらい)が来店したんですが、彼女達には英語のメニューが渡された様子で、イングリッシュスポークンみたい。

これなら、旅行中でも安心して食べられますでしょ?(私の時は黒板に手書きのフランス語メニューから選ばされた!もちろんフランス語でしたので、みなさんにおすすめするのに気になってたの)

 わたしのブログでは基本的にお店の名前は書かないことにしているのですが、日本の雑誌でも何度も紹介されています。このシェフの顔写真をヒントに探してくださいね。

          

|

« 個人的連絡&お願いです | トップページ | 合席御免の大衆食堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個人的連絡&お願いです | トップページ | 合席御免の大衆食堂 »