« 仔牛の春煮込み、この季節の定番です | トップページ | ひさしぶり、お隣の国のアジア飯 »

2010年4月11日 (日)

天気が良いのでブランチ気分

 この週末、パリはいきなり春まっさかりの上天気、気温もグンとあがりました。

 土曜日の朝は8時過ぎには家を出て太極拳のレッスン、9時からのレッスンなんですが、みんな8時30分頃からスタジオに集まって準備、1時間のレッスンが終わった後もさらにスタジオの近くの公園で「課外授業」。ほ~んと!ウチの夫だけでなく、全員ものすごく熱心なのネ。私は練習のあと、お腹ペコペコでお昼ご飯がオイシイ~のが通っている理由かな(苦笑)

 スタジオはパリの高級(&ちょいとスノッブ)な地区、7区にあり、公園からはナポレオンの墓のあるアンヴァリッド、遠くにグランパレも眺められる。そして、高級住宅地に住む人が通う商店街クレール通りもすぐそこ。

 この辺は先週も書いたチーズ屋だけでなく、有名高級食品店が何店もあるんですが、昨日は行列のできるパン屋「セッコ」に行きました。

 どうもパン屋さんってお店の権利関係がややこしいコトが多いらしくて、この店も以前はやはり有名な「プージョラン」と言っていたのが「セッコ」になり、プージョランのオーナーは別にパンを作っていて、ウンヌンカンヌン…。

 どちらが美味しいとか味が落ちたとか議論がありますが、私はその手の「内部事情」がニガテ、ま、便利な場所に「なかなか美味しいじゃない」なパン屋があればそれで良し。

Photo で、焼きたてのパンを楽しむために、ブランチスタイルで食事を用意しました。

 オムレツはゆっくりと炒めたポロ葱、マッシュルーム、「セッコ」のパン屋の隣にある超美味しいスペインハムの店「ベヨタベヨタ」の辛くないチョリソを混ぜ込んであります。

写真を撮るのに少量のサラダを同じ皿に盛りましたが、実際は巨大なボールに山盛りに作ったの。オリーブオイルベースのドレッシングにはちょっぴりニンニクを加えて…。

 パンを美味しく食べるのがテーマなので、あとはバターとチーズ、ワインだけ。

 日本のお米もそうだけど、シンプルなおかずでしみじみと「主食のおいしさを堪能」したい時ってありますよね。

 どうしても脇役になりがちですが、せっかくパリに住んでいるのですから、パンの美味しさに感動したい、そんなブランチメニューでした。

|

« 仔牛の春煮込み、この季節の定番です | トップページ | ひさしぶり、お隣の国のアジア飯 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仔牛の春煮込み、この季節の定番です | トップページ | ひさしぶり、お隣の国のアジア飯 »