« ひとりでちょっと豪華にレストランランチ | トップページ | 忘れてた!夫の好物 豆ご飯 »

2010年4月17日 (土)

アメリカンクッキー in Paris

 ここ数年、パリのお菓子屋さんではアメリカンなクッキー、ブラウニー、マフィンなどが人気です。凝ったフランス菓子とちがい、気軽に食べられるのが良いのかしら?

 チョコレート(ココアパウダーだけでなく)をたっぷりと使ったノア流ブラウニーはなかなかの人気者、で、ここのところクッキー作りもはじめました。

Movie_670 これはヘルシー志向なオートミールとレーズン入り。ナツメグとシナモンを効かせる他に、わたしは前もってレーズンをラム酒に漬け込んでから加えます。

カリカリの香ばしいところがコーヒーに合って、忙しいときの朝ごはん代わりにも…。

オートミールをお粥みたいに煮て、砂糖と牛乳をかけて食べるクラシック流は夫には大不評ですが、クッキーなら

Movie_672 ね。鉄分、繊維も豊富だし…。

 左の写真はこのあいだ高級食料品店で見つけたクッキーミックスで作りました。

小麦粉、砂糖に具材のホワイトチョコレートチップ、コケモモ(フランス語でカンヌベルジュというのだけど、もしかするとクランベリー???)がガラスのボトルに入って売っているの。

あとはバターと卵を加えて焼くだけ、とのことですが、添付のレシピよりバターを増やして焼いたらちょうど良い感じ。砂糖はふつうのブラウンシュガーだけでなく、小粒のザラメ糖が混ざっていて、食べるとシャリッとするのもアイディアです。

ま、買うのは1度だけ、あとは適当に真似して作っちゃうのは確実ですけどね(笑)

ボトルが可愛いので、わたしのオリジナルレシピもこんな風にしてプレゼントにしたら良いかも。

 しばらく、クッキー熱が続きそう、夫は毎朝クッキー試食の強制労働?

 

|

« ひとりでちょっと豪華にレストランランチ | トップページ | 忘れてた!夫の好物 豆ご飯 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりでちょっと豪華にレストランランチ | トップページ | 忘れてた!夫の好物 豆ご飯 »