« まじめな和食レストラン | トップページ | わたしの悩み、ふたり暮らしの残り物 »

2010年3月 1日 (月)

ランチにお招き

きのうは久しぶりにパリを訪れたSさんとランチ。

お人形さんみたいに可愛いSさんですが、1年半くらいパリで料理修行、その間にあの有名なコルドンブルーを主席で卒業したという頑張り屋さん。

 パリ滞在中にはなんどかご飯を食べたり、年末にパリにやってきたご主人とウチの夫も一緒にカフェでビールを飲んだり、も懐かしい。

 華奢な見かけによらず、しっかり食べ&ワイン大好きな彼女ですが、ランチなので、シンプルな献立にしました。

 前菜は牡蠣(これも彼女の大好物だから…)をクリームとゼリー寄せ。作り方はパリ高島屋のサイトでご覧下さいね~。

Photoメインは「日本であんまり食べないモノ」というリクエストだったので、ホロホロ鳥をワイン蒸しにしました。

農家で育てたちょっと上等のホロホロ鳥はちょっとやきめをつけてから少量のワイン、ブーケガルニ、人参、セロリと一緒に蒸し煮するだけ。

鋳物の重いココットだと他の水分を足さなくてもふっくりと仕上がります。

煮汁にバターを加えてソースに。付け合せは、これまた日本でみかけない「ラット種」のじゃがいものピュレー。ロビションのレシピで作ってありますので、コワイくらい大量のバターが入っているのだけど、ま、たまにはね(笑)

チーズをたっぷり用意したので、デザートは軽く。フルーツサラダに先日焼いておいたフィナンシェを添えただけ。

 天気が悪かったけど、おしゃべりしながら楽しいランチタイムを過ごしました。それにしても、スリムなSさん、彼女のウエストはわたしの足首より細いくらいなのに、良く食べるな~。大量の食べ物&ワインはどこに入るのか不思議。

 うらやましいです。

|

« まじめな和食レストラン | トップページ | わたしの悩み、ふたり暮らしの残り物 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まじめな和食レストラン | トップページ | わたしの悩み、ふたり暮らしの残り物 »