« 滞在許可証をもらいました | トップページ | 下町の食堂の定食っぽい レンズマメとソーセージ »

2010年3月 5日 (金)

下町の食堂の定食っぽい レンズマメとソーセージ

Photo ちょっと前に下町のマルシェに出かけた時、通りがかったカフェの看板に「今日の日替わり  ソーセージとランティーユ」と書いてありました。

 ランティーユはレンズマメ、そういえば、ちょっとご無沙汰でした。

で、きのうの夕食は思いっきり「下町カフェ食堂」っぽいメニューに。

 玉葱を炒めて、レンズマメを煮込みます。ブーケガルニも入れてね。

 ソーセージは「セルブラ」を使いました。最近見つけて気に入っているシャルキュトリ(豚肉加工品の専門店)のものです。

セルブラソーセージは、フランクフルトを太くしたようなモノですが、店によって大きさは様々。日本のフランクフルトソーセージ位のものもあるし、この店のは直径8センチの巨大サイズ。で、輪切りにして最後にレンズマメと一緒に温めました。

 付け合せはさらに「食堂の定番」バターたっぷりのマッシュポテトです。

 レンズマメは鉄分を初めミネラル、食物繊維豊富な健康素材と以前も書きましたが、こうすると結構カロリーも高そうな一品ですねぇ(苦笑)

 たっぷりのサラダ、チーズ、そして全粒粉のプチパンも食べたし~。

 ちょうどコメントを頂いたのが、ボローニャ時代(昔々)の知り合いの「のりこ」さん。わたしがレンズマメが大好物になったのはボローニャで何度も食べたから…

 北イタリアで多く使われるのは、フランス風の皮付き濃緑色のものではなく、オレンジ色っぽい皮むきの完熟レンズマメ。これは、煮込むとマッシュポテトに近い感じの食感になります。

 やっぱりソーセージと一緒にたべるのだけど、そのソーセージ「コテキーノ」は周りが豚の腸ではなく、ゼラチンたっぷりの豚皮で包んであり、ねっとりとオイシ~の。なつかしい、食べたくなっちゃいました。

 ま、20年近く前から、レンズマメ&ソーセージが大好きなわたしです。

|

« 滞在許可証をもらいました | トップページ | 下町の食堂の定食っぽい レンズマメとソーセージ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滞在許可証をもらいました | トップページ | 下町の食堂の定食っぽい レンズマメとソーセージ »