« 春を先取り、クラシックなフレンチが作りたい | トップページ | 今月いっぱい(多分)お休みです »

2010年3月18日 (木)

Mさん、お気に入りのイタリアン

きのうは本当に良い天気、で突然ですが、Mさんに電話をして「どこかでランチしましょ!」

Photo Mさんはアリーグルのマルシェで知り合った友人、ご主人は有名人気シェフですから、彼女のレストランセレクションなら安心です。

で、出かけたのは小さなイタリアンの店。レストランというよりは食堂、それもイタリアの田舎の小さな町のトラットリア(食堂)のイメージそのまんま。昼時はもちろん、満席です。

Photo_2 上の写真はMさん、下のジャンボピーマンのファルシが私の前菜です。オーナーでシェフのマダム(この辺もイタリアの食堂によくあるパターン)がシチリア島出身で、前菜が盛られた皿もシチリアの可愛い絵皿なの(料理の為に見えず…)。

タコはボリューム的には以前のブログに書いたポルトガル風には負けますが、ピーマンのファルシは、つめものにレーズン、松の実が入っていて本場シチリアの味をキッチリ守ってます。

Photo_3 これは私のメイン、トリッパの煮込みを作りたての柔らかポレンタ(トウモロコシの粉を練ったおかゆみたいなもの)にかけてあります。

意外???だったのは、こんなにイタリアンな店なのに、パスタは前菜ではなくてメイン料理として登場していました。しかもきのうの場合、ラザニアとスパゲッティ(マテ貝と海老のトマトソース)の2種類だけ。

 そして、隣のテーブルで食べていたスパゲッティは見るからにゆで過ぎ!パスタはフランスのイタリアンレストランの方式に従っているみたいです(苦笑)

 幸いMさんもパスタを避けて巨大ミートボールをメインにしていたんですけど、本当はパスタこそ、本格イタリア式にしてほしかったなぁ。

 前菜とメインの二皿で15ユーロという納得価格、サービスは笑顔が可愛い若いオニイサン。天気も良く、Mさんとのおしゃべりも楽しく、快適なランチタイムでした。

 さらにまたまたのMさん情報で、ラファイエットデパートに寄り、シャンペンの安売りをまとめ買い。デュバルルロワのシャンペンが1本15ユーロ!絶対、格安。

Mさんのおかげで、新しいイタリアンも見つけたし、シャンペンも買えて、感謝!です。

 

|

« 春を先取り、クラシックなフレンチが作りたい | トップページ | 今月いっぱい(多分)お休みです »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春を先取り、クラシックなフレンチが作りたい | トップページ | 今月いっぱい(多分)お休みです »