« もう一回 謹賀新年 | トップページ | スズキのソテー »

2010年2月17日 (水)

鉄板焼きレストラン シェフは大忙し

更新時間がずれちゃってスミマセン。きのうはパリで(特に地元紙のグルメ欄など)評判の鉄板焼きレストランでランチ。

 高級鉄板焼きはもともと日系のホテルのレストランにあって、数回食べたことがあるのですが、そこのシェフが独立した店です。 まえに一度予約を取らずに出かけたら満員、で、きちんと早めの時間に予約したというわけ。

Photo  最初は時間が早かったので店も空いていて、シェフも余裕~。

 「写真を撮っても良いですか?」

 「どうぞ、どうぞ、実は僕、けっこう写真撮られるの嫌いじゃないから…」

 な~んて感じだったのだけど、午後1時くらいには続々とお客が入ってきます。

Photo_2 わたしは「半熟玉子のフライの赤味噌ソース、茸添え」、友人は「野菜のリゾットと野菜天ぷら」なんて、ステキな前菜を食べて、余裕綽々でしたが、ひとりで満員のお客の注文をこなすシェフは大変。

サービスを担当している女性はフランス語があんまり話せないのに、お客はわたし達以外全員フランス人。言葉の問題のせいもあって、時間がかかるわりに間違いもある!

 アシスタントの料理人さん二人もあんまり慣れていない様子です。

 ランチメニューは前菜、メイン、デザート各3種類から選ぶのですが、どれもスタッフに任せられない状態です。それは、シェフが口うるさいのではなく、そうしなければ仕方がないからって感じなのだけど、シェフは鉄板の上で手を動かしながら、全てに目を配るうちに、イライライライラ~

 ものすご~い、テンションのシェフ。それでも、紹介や馴染みのお客さんには(若干ムリムリに)笑顔で挨拶。笑顔なんだけど、ちょっと辛そうよ(情)

 料理はおいしかったし値段も納得なんですが、あまりにも頑張る、頑張る、頑張り続けてイライライラ~なシェフの目の前に座っているだけで疲れちゃった。

 いつも気楽なビストロで店の人とも楽しくおしゃべりしながらゴハン、に慣れすぎちゃったのかな? 

 真剣!頑張る!一生懸命! でも「の~んびり」が信条の私とはタイプが違いすぎる店でした。

|

« もう一回 謹賀新年 | トップページ | スズキのソテー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一回 謹賀新年 | トップページ | スズキのソテー »