« ウチのごはんも和テイストで | トップページ | もう一回 謹賀新年 »

2010年2月14日 (日)

豆とカラスミのスープパスタ

Photo 先日友人から京都の超有名料亭Sのご主人が自ら手作りされたカラスミをおすそわけしてもらいました。

 友人がその料亭の大ファンでご主人とも仲良し、先日ご主人がパリにいらした時も一緒に食事の約束をしていたものの、私が風邪でダウン、残念!

 まあ、そのカラスミの素晴らしいことと言ったら、いままでカラスミ大好きで最上等のものも食べたことがあった筈なのに、全然ちがいます。

 まずは、とっておきの日本酒の肴として味わったのですが、昨日はイタリア風に豆とあわせてみました。

 イタリアでもカラスミは珍味としてもてはやされていて、サルデニア島とシチリア島(ま、こちらはマグロのカラスミが多いけど)のカラスミは特に有名です。

 以前レストランで、豆のサラダの上にカラスミが乗っているのを食べて、その相性の良さに感激しました。で、きょうはまたまた寒い(相変わらず、最高気温1度くらいで雪がチラついてます)ので、豆とパスタのスープと合わせてみました。

 前の晩から水に漬けておいたヒヨコマメと野菜(人参、セロリ、ポロ葱、玉葱、ジャガイモ)を柔らかくなるまで煮てからミキサーで滑らかに。豆の茹で汁ってまるで「精進のおだし」みたいに旨味がでるし、野菜の風味があるので塩胡椒だけで十分オイシイんです。

 本来は玉子入り手打ちパスタを小さく切って入れるんですが、昨日は既製の玉子麺(小さなマカロニ)をさっと茹でて代用しました。

 たっぷりと削りたてのパルメザンチーズ、カラスミの薄切りを乗せて、最後に香りの良いオリーブオイルをひとたらし…。

 ゼイタクなカラスミと豆の組み合わせは想像がつきにくいですか?おいしいカラスミが手に入ったら是非試していただきたい、とはいえ、カラスミなんて簡単に買えないですね(苦笑)

 カラスミとは違うけれど、ずっと昔ソフィアローレンの料理の本の中に豆とキャビアの前菜があったような記憶があります。

 次回は豆とパスタにドカ~ンと天然キャビアを乗せて食べてみたい、って絶対にムリ。宝くじに当たったらね~。

|

« ウチのごはんも和テイストで | トップページ | もう一回 謹賀新年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチのごはんも和テイストで | トップページ | もう一回 謹賀新年 »