« 里帰り中に付き | トップページ | 花束より嬉しい エビです »

2009年12月 4日 (金)

パリに戻って第一食は…

Photo 十日間ほどの東京滞在を終えて、昨夕パリにもどりました。

トシのせいか、慣れ過ぎちゃったのか12時間の成田~パリのフライトがますます長く感じるようになりました、疲れた…。

機内食は1回だけにしたので、帰宅するとお腹がペコペコ、で近所のブラッスリーで夕食にすることに。

自宅からほんの数分の距離にあるこの店、けっこう雑誌などでも紹介されていて、昔ながらのブラッスリー料理が出てくるし、サービスも感じよく、地元のちょっとお金持ちの「普段の食堂」って感じ。

 現在フランスと日本の時差は8時間、つまりパリの午後7時は日本だと真夜中の3時な訳ですが、パリに戻った!嬉しさでガッツリと肉料理を食べちゃいました。

 写真は仔牛の腎臓のソテー。マスタード入りソース、ジャガイモのオーブン焼きなどが添えられています。盛られているのは普通のミート皿ですから、皿いっぱいのボリュームはご想像の通り。

Photo_2   肉をたっぷり食べたら甘いものも欲しくなっちゃった、というか季節限定のデザートに「レモンのメレンゲタルト」が登場、その誘惑に負けて、これも完食。

 大き目のケーキ皿からはみ出しそうなサイズですが、レモンクリームの酸味がさっぱり、上のフワフワは生クリームでなく卵白を泡立てたメレンゲなので、案外ライト(な、気がしたの)。

 食欲には時差がなかった!と言いながら、夜10時には眠い、眠い。

 食べてすぐに寝ると「牛」というよりブタになるのは分かっているんですけどね~。ベッドに入ったら即、寝てしまいました。

 そのせいで、今朝は3時に目が覚めた!カバンの片付けをしたり、12月分の料理教室のレシピが先生から届いていたのを翻訳したり…。普段は昼間人間なのですが、ちょっとだけ深夜族っぽい気分が楽しかったです。

 今日は幸いにも良いお天気、時差ボケには太陽をたっぷり浴びるのが一番とのことで、昼ごはんはカフェのテラスで食べました。最高気温が9度と寒いですが、お日様に当たって気持ち良かった~。

 日本から帰ると時差ボケが4,5日続くのがいつものことですが、今日の天気で早めに解消できるかな。

|

« 里帰り中に付き | トップページ | 花束より嬉しい エビです »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里帰り中に付き | トップページ | 花束より嬉しい エビです »