« ピリ辛麺でホッカホカ | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハン、その1 »

2009年12月24日 (木)

すきやきで忘年会 パリなのに??

Photo わかりやす~い、スキヤキの食卓風景でございます、しかし、ちょっと変わっているところはここがパリのアパートだってことでしょう。霜降り肉は実家の母のプレゼント=日本で一番おいしい(と私は信じている)日光にある専門店「和牛」の米沢牛!

普段霜降り肉をみかけないパリなので驚愕の柔らかさです。

Photo_2 パリらしいのは茸がプルロットという平茸みたいなのと、春菊がないのでクレソンを使うことでしょう。

焼き豆腐は中華街の豆腐(少し固め)を水切りしてからバーナーで焼き目をつけた自家製よ。しらたきだけは自分で作れないので日本食品専門店で輸入品(群馬産)を買いました、高い!

Photo_3 「すきやき忘年会」にお招きしたのは、ガラス工芸作家の村山眞さんと帽子作家の奥様京子さん夫妻。

眞さんとは6年前、お互いはじめてのパリ生活で、ABCからフランス語を始めた時の同級生。ウチの夫も京子さんもその前に長い間パリ生活経験者だったのも同じ。ふたりで「フランス語ってムズカシイ~」と嘆きあった仲です。(あれから6年も過ぎたなんて、月日の経つのは本当に早い)

久しぶりの日本食で話も弾み、お餅や黒豆、納豆などの日本食品をお互いにおすそ分けしたり、なんだかパリにいることを忘れちゃうような一夕でした。

ところで、昨日はプロヴァイダーの問題で1日ネットが接続できませんでした。フランスでは「当たり前」なことらしいけど、イライラ~。クリスマス、年末年始、無事にブログが続けられると良いのですが…。

|

« ピリ辛麺でホッカホカ | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハン、その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピリ辛麺でホッカホカ | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハン、その1 »