« ブロン 牡蠣もちょっとゼイタクに | トップページ | 元旦くらいはパリでも日本人らしく過ごします »

2009年12月31日 (木)

パリでも本格手打ちそばで年越し

 きょうは毎年恒例、パリで唯一の本格手打ちそばの店「円」で年越しのディナー。日本から来ている友人夫妻(ご主人も奥様も仕事でお世話になっています)と一緒です。

 え~っと、意外と恥ずかしがりやな私は日本人が多い店ではカメラを取り出すことができない、ので写真はなし。

 この店、あるファッションメーカーの経営なんですが、本当に本当に本格的な日本の「蕎麦」がたべられるの、というかいい加減な日本のそば屋よりウマイ!

 以前集英社のビー文庫「大人のそば屋はここにある!」で、ちょいと辛口な批評をしたことがあるんですが、それは「もっと頑張って~」の応援のつもりでした。

 さすが、この店は気概がある!その時よりずっとおいしくなりました。

 当時は怪しい(ゴメン)粉山葵だったのが、本山葵になったし、そばの太さもちょうど良い。つゆはその前から良くなってたし。

 その蕎麦をご覧にいれたかったのだけど、気後れしちゃって写真がないのが残念ね。みなさん、ぜひ食べてみてくださいませ。

 白ワインは夫がピュイイヒュメと1級シャブリを選びましたが、相性も良かった。

 大晦日は予約を受け付けないんですが、五時の開店の20分前から行列でした。

 みなさん、お正月はオイシク食べてますか~?

2010年もよろしくお願いいたします。

 世間の景気はそう簡単に良くなりそうもないけれど、毎日のゴハン位はおいしく、たのしく食べて健康に過ごしましょう。

|

« ブロン 牡蠣もちょっとゼイタクに | トップページ | 元旦くらいはパリでも日本人らしく過ごします »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロン 牡蠣もちょっとゼイタクに | トップページ | 元旦くらいはパリでも日本人らしく過ごします »