« すきやきで忘年会 パリなのに?? | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハンその2 »

2009年12月25日 (金)

クリスマスイブだから、こんなゴハン、その1

きょうの話題の前に訂正です。「日本一おいしい」お肉は米沢牛ではなく、前沢牛でした。ゴメンなさい。本当にスゴイお肉なので、一度(お金のある時に…ヘヘヘ)お試しくださいね~。http://g-wagyu.com/obtaining.html

Photo きのうは朝一番(8時半!)に近所のの馴染みの肉屋へ。

もう、お店の人が見えないくらい、七面鳥、去勢鳥(シャポン)、鴨、ホロホロ鳥、などなどがぶら下げてあります。昼前には行列必至で、いつもは会計のオジサンも白衣を着てお仕事。

今年は夫と二人で軽い「クリスマスディナー」にすることに決めたので、大きな丸ごとの鳥は関係なし。

さらに「食べ過ぎ注意報」というか「警報」状態なので、フォアグラも自分で作らずに、この店の自家製をスライスして買うことにしました。フォアグラのテリーヌって案外かんたんに自分でも作れるのですが、たっぷりあれば、それなりに完食してしまうので…。

Photo_2 で、盛り付けはこんな風。おいしい上等の梨(コミスという種類が最高)をバニラビーンと共に甘すぎないようにシロップで煮たもをスライスし、バルサミコ酢をチラッとかけるの。フォアグラにはちょっと甘いものが「相性」なのです。金箔はまあ単にクリスマス、正月用の小道具ですね(笑)

梨を煮るのに使ったバニラも置いておくと良い香り。

Photo_3 まずはシャンペンで乾杯、の為にグジェールも作りました。シュー生地にチーズをたっぷりと加えて焼いたもの。

フランス人は「中身が空っぽ」のシューが好きなのかな?グジェールは塩味のおつまみですが、あまいおやつ用の「クリーム抜き」のシューもあり、こちらはシュケットと呼んでいます。

焼きたてのホンワリ温かいグジェールはチーズの香りがプ~ンとして軽い口当たりがオイシイの。

詳しい作り方はフランス高島屋のサイト内の私の料理コーナー「おうちでビストロ」をご覧下さい。

http://www.takashimaya.fr/le_journal/bistrot/index.asp 

長くなってきちゃったので、メイン料理は明日ご紹介します。

では、メリークリスマス!

|

« すきやきで忘年会 パリなのに?? | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハンその2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すきやきで忘年会 パリなのに?? | トップページ | クリスマスイブだから、こんなゴハンその2 »