« チーズもいろんな場所で買います | トップページ | レストラン探しは自力で! »

2009年10月22日 (木)

マダムの料理教室

あんまり習い事が好きでない私(いわれる通りに、というのが苦手)ですが、マダムのお人柄にひかれて料理教室に通っています。一応一ヶ月に1回ですが、夏休みなどもあるし、1年に10回くらい。

Photo かなりの年配ですが、ステキでしょ?日本人の駐在員の奥様に人気の教室で、日本の某超有名料理研究家の先生も通っていらしたそう。日本で料理の本もお出しになっています。

おしゃべりはモチロン、レシピも日本語で書かれるんですよ。蓋(フタ)なんて、私も辞書なしでは書く自信がない漢字まで。まあ、時々?なこともあり、今月のレシピは私は先に頂いたのを訳し、パソコンで打ったのをお渡ししたら、教室で使っていただいて感激。

前菜、メイン、デザートの3品を丁寧に、ゆ~っくりと作って試食。午前10時に始まって、2時半くらいかかります。

試食のテーブルセッティングが季節ごとに美しいのも参考になります。きのうも素晴らしいアンティークのグラスに前菜を盛り付け…繊細なグラスの取り扱いを考えると「私にはムリ」なんて思っちゃいました。

 試食にはもちろんワインとチーズ。それぞれ、産地の解説も…。

日本語はお上手といっても、フランス語の方がラク(当然か)なのでしょう、実際のおしゃべりはフランス語がちょっと多め、それも勉強。

 猫ちゃんまでエレガントで、全身がそれはそれは微妙なグレー。デザートが終わりかけると登場して「ナデナデ」も「抱っこ」もOK。う~ん、先生も魅力的だけど、猫に会えるのも教室の楽しみ。

 ひとクラスは4~8人くらいで、たいていの方はお友達数人で誘い合って来ています。「一匹狼」型の私は一人で参加しますが、ごいっしょの方たちのおしゃべりを聞いて「日本人マダム」情報を仕入れられる。

 パリで生活していても、男性(夫たち)は和食好みが多い、なんてことも、この教室でわかってビックリ。ま、ウチの夫はパリ生活20年近いので、フランス式に慣れ過ぎているのでしょうね。

 「せっかくフランス料理を習っても夫が食べない」なんてモッタイナイ。

 いつもは肉屋、魚屋、八百屋さんで、料理法を聞いたり、フランスの雑誌や新聞を参考にしたりのレシピで料理する私ですが、この教室で覚えたメニューも活躍しています。来月はどんな料理かな?

 現在はフランス語の学校にも通っていない私の唯一のお稽古事です。

 

|

« チーズもいろんな場所で買います | トップページ | レストラン探しは自力で! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チーズもいろんな場所で買います | トップページ | レストラン探しは自力で! »