« フォアグラのフラン、大きく作って大満足 | トップページ | Aちゃんにバッグを作りました »

2009年10月30日 (金)

フォアグラのフラン ご質問にお答えします

 フォアグラのフランの作り方にご質問を頂きました。

 そう、本来は生のフォアグラをフードプロセッサーにかけて、それに生クリーム、牛乳、玉子(卵黄多め)を加えてうらごし、湯煎で焼く(蒸す)のですが、わたしが使ったのは既に加熱してテリーヌになったものです。

 生のフォアグラは日本でもデパートで売っていますけどね。

 こちらでも生のフォアグラだと「ちょっとだけ」買うわけには行かないのです。クリスマス前には自分でもパテを作りますけどね。

 これも、大した手間なく作れて、しかも買うより安く出来るので、お客さまが多い&ぜいたく気分にひたりたい、この季節は作るの。

 肉屋で下ごしらえ(細かい血管などを取り除く)をしてもらったら、一晩、ブランデー、ポルト酒、塩で下味を付けたフォアグラを、テリーヌ型にギュウギュウに詰めて、湯煎焼きする。上から軽い重石を乗せて冷蔵庫で5日くらい味をなじませる。

 それだけよ~。カンタン。

 で、フランに戻りますが、今説明したような感じで作ったテリーヌをミキサーにかけたのです。厳密に言うと滑らかさは「生」で作ったものに軍配が上がりますが、それほど大差なし。

 あんまり安い缶詰だと????、もしかしてフォアグラ以外の何かが入っているかも知れませんから…。

 是非、作ってみてくださいね。

 私はフォアグラ100グラムに牛乳1カップ、かなり小さめの玉子2個をあわせました。

|

« フォアグラのフラン、大きく作って大満足 | トップページ | Aちゃんにバッグを作りました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォアグラのフラン、大きく作って大満足 | トップページ | Aちゃんにバッグを作りました »