« アジアなブランチ | トップページ | 寒さにむかって、帽子の準備完了! »

2009年9月28日 (月)

ジャガイモのファルシー 仔牛の頭肉入り

 よくレストランでおいしいものを食べるとお店のシェフに作り方を尋ねるという方がいますが、私はそれじゃつまらない。自分であれこれと工夫して似た味を作るのが楽しみなのですもの。

今日は時々出かけるレストラン「ココット」の定番料理を真似してみました。本家(?)は豚足を使うところを同じようにゼラチン質の仔牛の頭肉(気持ち悪~いなんて、言わないで!ビストロの定番料理です。柔らかく煮込んだコラーゲンたっぷり、おいしい部位です)に変えて作りました。豚肉のクセがない分オイシ~と思うのだけど。

Photo 皮をむいたジャガイモを少しくりぬいて、表側にはオリーブオイルを塗り、内側には薄く小麦粉をふります。

中身は仔牛の頭肉にひき肉、パン粉、エシャレットのみじん切りを加えて味付けしたもの。

あとはオーブンで焼いたら出来上がり、簡単ヨ。

Photo_2 粒マスタードを生クリームで溶いたソースを添えて…。

ジャガイモはメークインタイプの「シャルロット種」を使ってあります。滑らかなジャガイモにゼラチンたっぷりの詰め物の相性が抜群で、大きなジャガイモ3個なんて軽々食べられちゃう(カロリーは知らないっと!)

同い年の友人もわたしと同様「詰めモノ」「巻きモノ」が大好き。このブログを見たら、すぐに作ると思います。

長年フツーの料理を作り続けると、ちょっとした変化球が面白く感じるのかな。オバサンの習性です。

 ホント、おいしいから作ってね、ヨシエちゃん

|

« アジアなブランチ | トップページ | 寒さにむかって、帽子の準備完了! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアなブランチ | トップページ | 寒さにむかって、帽子の準備完了! »