« インドタウンをのぞいてみた1 | トップページ | カメラを持たない日曜日 »

2009年9月13日 (日)

インドタウンをのぞいてみた2

Photo さて、ビールを飲んでいると、まずクレープのソースが運ばれてきました。インド系のサービス係のフランス語は私もビックリな強烈な発音で、聞き取りにくかったのですが、緑色はアーモンド、手前が甘いバナナ、そして右上がスパイスたっぷりの野菜のペーストっぽいもの。で、クレープは拡大写真だとこんな感じ・・・。

丸いクレープに具を挟んで半分に折った=大きな半月がミート皿の半分より大きな感じ。

Photo_2 ってことはクレープは多分直径27センチくらい、いわゆるクレープよりは少し分厚く、レンズ豆の粉を使ってあるので、さっくりとした口当たり。

中身はジャガイモ、グリーンピースなどが入っている「ヴェジタリアンメニュー」

なんとなくヴェジタリアンと聞くとカロリーが低そうだけど、このボリュームだと???そういえば、菜食主義者が多そうなインドの人ですが、サリー姿の若くない女性はかなり立派な体型が主流ですものね(笑)

お腹が空いていないので軽くクレープ、と考えたのだけど、けっこうな大盛りランチになっちゃいました。見かけは辛くなさそうで、特に最初のウチはがんがん飛ばして食べたところ、「唐辛子メーター」がいきなりレッドゾーンに突入。そう、私は辛いものは味は好きでも強くない、体内の辛いものの量がある線を超えると胃袋がストップしちゃうのです。

 なんとか辛さを押さえようと甘いバナナのソースをなめたりビールを飲んだり…。

あがいている私の隣のフランス人のカップルが笑いながら話しかけてきました。「日本人は辛いものを食べないの~?」彼らは、しっかり激辛そうなカレーを食べてました。

 普通のフランス人は辛いものには私以上に弱いのですが、彼らは仕事で北インドに住んだ経験があるとか、辛い料理のエキスパートだったのね。

 で、さらに「辛いけどウマイ」セネガル料理の店を教えてもらったりしちゃいました(私はお礼に安ウマのすし屋を教えた)。おしゃべりって唾液が出るから?か、口の中のヒリヒリも落ち着いて結局完食。

食後にはチャイ(インド風ミルクティ)を頼んで、支払いは10ユーロ。カフェで大盛りサラダとコーヒーを頼んだ位の値段。ランチセット(クレープはない)なら飲み物無しの10ユーロでカレーや肉、野菜料理が山盛り&ナンとごはん。

ものすごく激安ではないけれど、高くもない値段です。ま、たまに気分を変えるにはインドランチも楽しいかもしれません。

セネガル料理は「挑戦してみたい」と「コワイ」気持ちが半々。どうしようかな

|

« インドタウンをのぞいてみた1 | トップページ | カメラを持たない日曜日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドタウンをのぞいてみた1 | トップページ | カメラを持たない日曜日 »