« パリの異国情緒 | トップページ | マリアージュに失敗 シャンパンと味噌味 »

2009年8月18日 (火)

夏のゴハンはさっぱり、インディカ米

Photo 夫の好みで、我が家は和風の献立に限らず、ゴハンを食べることが多いのです。肉料理などでも付け合せ感覚でしょうか(たとえば、ジャガイモみたいな感じ…ポテトが付け合わせならゴハンは食べない)

 で、夏場は粘りが少なく、さっぱりした口当たりのインディカ米(長粒米)を炊きます。日本風のゴハンの粘りが少し重く感じるのでね。

世界的には粘りのないインディカ米が米の主流とのことですが、どうも日本人は「独特のニオイが嫌い、パサつくのがイヤ」と言うかたが多いのがザンネン。

 パンなら柔らかい食パンも、パリパリのフランスパンもそれぞれの個性でおいしいと思えるのに、ご飯になると、ガンコ者になるのですね。

 今日はラム肉と茄子のカレーもどきにパラパラご飯をたっぷりと添えました。

 「カレーもどき」と言ったのは、何度もブログでも書いたように夫が辛いものが苦手。カレー粉のかわりに、ターメリックとコリアンダー、クミンなどのスパイスで代用。

ま、ターメリックを入れると不思議に「辛味はないけどカレー風味」に仕上がるんですけどね。

 私は北アフリカで使う「アリサ」という豆板醤みたいなペーストを加えて食べます。

 そう、カレーとか煮込みっぽい料理には絶対インディカ米のパラリとした食感が合うと思う!

 今年の夏は天候不順で農作物の収穫も心配ですね。ずいぶん昔、冷夏で米不足となり、緊急輸入したタイ米が日本人の口に合わない、ということがありましたっけ(わたしは当時イタリア滞在中で実感がないのだけど)。

 中にはせっかくの米を捨てちゃった人もいたとか…。

 料理により、季節により、いろんなお米を楽しみましょうよ。タイ米、おいしいですよ~

|

« パリの異国情緒 | トップページ | マリアージュに失敗 シャンパンと味噌味 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリの異国情緒 | トップページ | マリアージュに失敗 シャンパンと味噌味 »