« 季節到来!白いんげんのサラダ | トップページ | 超大盛りカフェ飯 その2 »

2009年8月 8日 (土)

超大盛りカフェ飯 その1

Photo たまに外食する時にレストランを選ぶ時、どちらかと言えば(味はもちろんですが)チョコチョコと少量が盛られているオシャレ系ではなく、ドカンと食べ応えのある料理を出す店が多いのですが、昨日のカフェのゴハンのボリュームには驚かされました。

家から歩いて20分(メトロなら7~8分)の所に行きつけのカフェがあるのですが、そこがレストランもやっています。で、店のオヤジが

「金曜日はパエリア、うまいから食べに来て~」とずっと言ってくれていたので出かけてみました。

7時からやっているというので、店に着いたのは7時半の少し前。その時間はハッピーアワーでバスクの地ビール「オルダルキ」が普通の倍量で4ユーロ!普段は半分で3ユーロですからずいぶんとお得。まずはビールのおつまみにと、タパスの盛り合わせを頼みました。

 写真だとその量の多さが分かりませんねぇ。これで一人前なのだけど、向こう側にある海老のガーリック炒めもコック貝のワイン蒸しもそれだけで、十分1人前になる量なのよ。海老でいえば中くらい(頭も入れて10センチ強)サイズが19尾も入っていました!陰に隠れているスペインオムレツも厚さ8センチくらいあって、ホカホカ焼きたて。

 オリーブとかマリネ(けっこう半分くらい食べちゃってるけど)の入っているグラスもそれぞれ直径14センチくらいの大型。

 この巨大なタパス盛り合わせが運ばれてきた時には既にメインの料理を頼んでしまっていたので、取り消すわけにも行かず、夫と二人で「大食い大会」の覚悟をきめました。

 これで、あんまり美味しくなければ、遠慮なく残すところなのだけど、どれも材料の味を生かしたシンプルな調理で、意外とイケル!ついつい、完食してしまいました。

 バスクのビールがこれまたコクがあって、料理に合うし、普通は250㏄なのが2倍の500ccだし…。この時点でけっこう満腹に近くなってきました。

 次回からはワインとタパス1人前で夕食にしようね、と夫と決めましたが、今日はそうは行かない。さて、メインの料理はどんな風?

 

|

« 季節到来!白いんげんのサラダ | トップページ | 超大盛りカフェ飯 その2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節到来!白いんげんのサラダ | トップページ | 超大盛りカフェ飯 その2 »