« 再挑戦 本格手打ち麺 | トップページ | 日曜日は散歩 きょうは公園へ »

2009年8月22日 (土)

今年の夏のベストバッグ

Photo_5料理ともうひとつ大好きなのが「布」。

パリにはステキな布がいっぱい売っていて、、気に入ったものを見つけると、つい買い込んでしまうので、午後はゆっくりと「手作り」で過ごしたりします。

カルトナージュというフランスの工芸=厚紙で箱を作って布を貼る、に凝っていたのですが、箱の数が増えすぎて夫からクレーム。で、たたんでしまえミニトートバッグやテーブルクロス、ランチョンマットに転向しました。

今年の夏用のバッグも水玉模様、ブルーのアンティックな花柄など、いくつか作りました。

市販の型紙を使った「ボート型」のは荷物がこぼれ落ちる、ブルーの花柄でリボン付きのは安定が悪いなど、一長一短。

結局一番便利に使ったのがシンプルな形のコレでした。

ざっくりとしたナチュラルな麻布にチクチクと刺繍してあります。

線が曲がっているのは、デザイン上の工夫、ということにして置いてくださいネ。(小学校の時に「運針」という直線縫いの練習があり、その頃から進歩がないだけだけど…)

 地下鉄のパス入れがぶら下がったままで写真を撮りましたが、これもカワイイでしょ?

 持ち手はハト目の穴に皮ひもを通しただけですが、意外と丈夫だし、肩に食い込むこともありませんでした。

 すごくシンプルなトートバッグですが、一応私らしいのはポケットをいくつもつけること。

Photo_6 裏側は表と同じように刺繍した大きなポケット(地図や電車の中のヒマつぶしのためのゲーム本、手帖など)、内側もオープンポケットと貴重品を入れるファスナー付きのポケット。このポケットの有る無しで使い勝手が違うんです。

名前は布用の絵の具を使いました(小学生のお稽古バッグみたいだけど…)

さらに、共布のポーチを作るのも私のルール。口紅、目薬など細かいものが「見つからな~い」ことがあるのでね。

もともと整理整頓が苦手な私の工夫ですが、自分サイズのオリジナルバッグはお出かけを楽しくしてくれますし、珍しいバッグがきっかけで知らない人と話がはずんだりします。

昨日も自然食品店のイケメンなレジの若い男性が「オシャレなバッグですね」って、はじめて話しかけてくれたものheart02

|

« 再挑戦 本格手打ち麺 | トップページ | 日曜日は散歩 きょうは公園へ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再挑戦 本格手打ち麺 | トップページ | 日曜日は散歩 きょうは公園へ »