« 冷房を! お願いします、テアトル サルガボー | トップページ | 冷え冷えラタトィユ 我が家の超定番です »

2009年7月 1日 (水)

夏だから ベトナムごはん

Photo 日本では沖縄は梅雨明けしたものの、他の地方では大雨の災害があったり、東京も雨が降っているのでしょうか。

パリはず~っと良い天気だけど、そのかわり連日30度越しの真夏日状態。(昨日も書きましたが、そんな暑さの中で我が家はクーラーもナシ!)

で、暑いときは暑い地方の料理が一番、とベトナム風のごはんにしました。

親指よりはちょっと小さい位のミニサイズの春巻きは香菜、ミントと一緒にレタスで包んで。生春巻きは私流でビーフンを入れずに茹でもやしたっぷり(中身がたっぷりすぎて1本は皮が破けました…クスン)

 そして、帆立の貝殻に入っているのはカニの甲羅焼き、やどかりバージョンです。本当はカニの甲羅に入れて焼くわけですが、今日はカニ缶をつかったので、ホタテに「おウチを借りた」というわけ。

 行きつけのベトナム料理店で、かならず注文するメニューを(作り方を教わったわけではないけれど)真似してみました。

 カニの身にパン粉と玉子、カニ缶の汁、そしてエシャロットのみじん切り、生姜汁、香菜と青ネギの刻んだものを加えてこねてから、オーブンで焼いたもの。

 レストランと近い味に仕上がって満足!

 生春巻きは味噌ダレ、が決まりですが、昨日は中にナンプラーでしっかりと味をつけた人参と蒸し鶏をいれたので、そのままでおいしい。

 揚げ春巻きのタレはナンプラ、レモン汁、砂糖、におろしニンニク。本当は赤唐辛子を入れたいのだけど「辛いのは苦手」な夫のために赤ピーマンを細く切って加えました。(私は辛いタレで…。そのほうが美味しいものね~)

 不思議なもので、冬の寒い日にはベトナム料理を食べる気になりません。ミントや香菜、アジア式バジリコなどは身体を冷やす効果があるのかしら。

 まだ、7月に入ったところ、このまま暑いひが続くとベトナム料理の回数が増えそうです。

|

« 冷房を! お願いします、テアトル サルガボー | トップページ | 冷え冷えラタトィユ 我が家の超定番です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷房を! お願いします、テアトル サルガボー | トップページ | 冷え冷えラタトィユ 我が家の超定番です »