« 中華街の豚肉でヨーロッパのおかず | トップページ | ウズラ 日本とフランス »

2009年7月23日 (木)

ローズベーカりーでブランチ

Photo 夫は今朝は朝食会議、パワーブレクファストなんて少しアメリカっぽいですよね。

というわけで、私もアメリカンなカフェでブランチをすることにしました。

出かけたのは人気の「ローズベーカリー」。ここ数年来パリで流行っているアメリカンケーキの火付け役です

Photo_3  日本の雑誌でもしょっちゅう紹介されている店ですので、名前はご存知かもしれません。

私はここで働いているロモコさんと調理器具店でおしゃべりして以来メールをやりとり。もともと是非食べてみたかったのだけど、なにしろ我が家から遠い遠い。

ケーキ一つのために遠方まで…と、チャンスがないままでしたが、やっと行き着けました。

上の写真は15センチ弱の四角い野菜(トマト、いんげんその他)のキッシュ。皮のサクサク感が抜群。フランス式の生地より軽く、中身も(多分クリームが少ない)軽やか。フランス風のキッシュに慣れた舌には少し塩味が物足りない?まあ、ヘルシーであることは間違いなし、薄味好きの日本人にもぴったり。

 そして、ずっと食べたかったのが下の写真(ゴメン!また半分食べてから写真を撮ることを思い出したの)のキャロットケーキです。

アメリカンケーキの代表の1種ですね。私の持っている「アメリカンフード」の本を見て想像しているより、こちらもフワフワっと軽い食感。上に塗ってある白いのはヨーグルト味のクリームで、その酸味がスパイスが効いた生地と相性良し。

アメリカンコーヒーを飲みながら食べるにはぴったりな味ですが、この店は基本的に健康食品を主に取り扱っているので、本当のおすすめは有機栽培のお茶なのでしょう。

軽いヘルシーといいながらも午前中にあんまり食べる習慣がないので、大食いの私でもキッシュもケーキも半分ずつでお腹が一杯。両方とも完食したら、やっぱりカロリーオーバーでアメリカンな体重(!)になりそう。

 ブラウニー、オートミールクッキーなど作るのは簡単、素朴なおいしさのアメリカンケーキ作りにはまりそうです。

|

« 中華街の豚肉でヨーロッパのおかず | トップページ | ウズラ 日本とフランス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華街の豚肉でヨーロッパのおかず | トップページ | ウズラ 日本とフランス »