« 手土産に カヌレ&ブラウニー | トップページ | 前菜も衣替え ラタトィユも定番です »

2009年5月12日 (火)

鴨ラーメン、このボリュームを見て!

Photo きょうは、ちょっと出かける用事があって終わったら早めだけどランチタイム。というわけで、ひとりで簡単に昼ごはん=ラーメンということにしました。

 パリの中心に日本食レストランが集まっている地区があって、そこでは日本風ラーメン屋が何軒もあり、昔風中華ソバ、トンコツ系、味噌ラーメンなど旅行客にはホッとする、在住者には懐かしい味なのでしょう。

私もそんなラーメンを食べたことはありますが、いまひとつ好みではありませんでした。で、私のおすすめする「パリラーメン」がコレ!セーヌ川左岸にある中華料理店のひと品です。

 サッパリ味のスープには、細めん、そしてドッカ~ンと鴨のローストが乗っています。日本のラーメン丼よりは小さいとはいえ、写真をご覧になれば、その肉の大きさは想像できますでしょう。

 この店は海老の大きなぶつ切りがゴロゴロ入った海老ワンタンが名物で、お客の半分以上は注文するほど。わたしも以前はずっと海老ワンタン麺を気に入っていたのですが、ある時、となりのテーブルでこの「鴨ラーメン」を発見してからは、ひとりの時はこればっかり。

 その際に食べ方の「お作法」もしっかり学習しました。

 1、まず、どんぶりを持ち上げてから少し左へ移動。

 2、そうすると下に敷いてある皿と丼が並ぶ。

 3、鴨肉を全部皿に移す。

 4、テーブルの上に置かれている豆板醤を皿のわきに少量取り、それを付けながら鴨肉を食べる。

 5、鴨肉はこってり味なので、合間にサッパリ味のスープと麺を。

 こんな具合です。このラーメンのお値段は8.9ユーロですから、1000円以上、というと高い気もしますが、先に書いた日本風のラーメン(チャーシュー1~2枚、もやしくらいしか具がないのに)だって同じような値段ですから、コストパフォーマンスとして、またパリの物価から見たら納得。

 きょうは、飲み物は無料の(水道水をボトルにいれただけ)の水だけでガマンしました。

 ほんとうは、この店の「砂糖入り豆乳」は豆乳が自家製で大豆の香りが良く、さっぱりしているのにミルクシェークのようなコクがあって美味しいの。

 プチぜいたくな日にはデザートがわりに注文するのです。

 関係ない話???今日、斜め向かいのテーブルでひとりで食事している男性の食欲はすごかったです。まず、海老ワンタン麺(ボリューム感は鴨よりは少ないとはいえ、これだけでランチ)を食べたあとで、炒め物、酢豚など三品、そして、付け合せ感覚で、チャーハン(これまた、一品で昼ごはんになる量)、ビールの小瓶も2本。30代後半くらいで、けっこうスリムな人でしたが、「大食い大会」に出られそう。

|

« 手土産に カヌレ&ブラウニー | トップページ | 前菜も衣替え ラタトィユも定番です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204248/29582797

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨ラーメン、このボリュームを見て!:

« 手土産に カヌレ&ブラウニー | トップページ | 前菜も衣替え ラタトィユも定番です »