« フランス人が大好きなMAKI | トップページ | 手抜きしつつ、でもオシャレな前菜 »

2009年5月22日 (金)

サンドイッチ大好き!でも…

Photo きょうはアチコチ出かける用事があって忙しかったのでした。で、ちょうどお昼時にマドレーヌ寺院から遠くない場所にいたので、日本でもおなじみの「フォション」のイートインコーナーでサンドイッチと新製品(多分…)のジュースでランチを簡単に済ませることにしました。

とにかくサンドイッチが大好きなので、しかも夕食に食べるわけにも行かないものですから、わたしの「ひとりランチ」にサンドイッチが登場する率は高い。

 パリパリのバゲットサンド、レバノン風、スウェーデン風、ギリシア風、また店によって具もパンも味わいが違うし、今後このブログでもいろいろなサンドイッチをご紹介することになりそうですね。

さて、今日のフォションのサンドイッチです。

金色のジッパー付きビニール袋に入っているのがクラブサンドイッチです。写真の左側の方で、サンドイッチを串に刺してあるのが分かりますか?直径4センチ弱の真四角のサンドイッチが5個。蒸したチキン、ゆで卵、グリルしたナスなど、具はたっぷり、女性がちょいと気取っても「様になる」小さめサイズ。そして、隣はココナツ風味のパイナップルジュース。パン売り場のそばにイートインコーナーが設けられていて、コーヒー、紅茶、ハーブティーなどはその場で注文を受けています。

 お昼時は結構満員、そして、もう少し気温が高くなってくると外のテーブルにもお客が集まります。今日もキラキラの上天気だったのですが、私が立ち寄ったの正午ごろは、気温もそれほど高くなかったし、日陰だったのでこの通り。

Photo_2 フォションのイメージカラーの濃いピンクはキレイだけど、パラソルがたたんであるので「座るな!」と言わんばかりですよね。次回、ここでランチするなら、是非ここで食べたいなあ。

ところで、この店のサンドイッチ、味はなかなかではありますが、ちょっと問題もあり。それは「値段が高~い」こと。

サンドイッチとジュースでちょうど15ユーロでした。わたしが時々ランチをするリヨン駅近くのビストロの昼定食は14.9ユーロ。それで、前菜とメインがしっかり食べられるのよ~。(ま、グラスワインとかデザートの誘惑に負けるとかで 実際にはもう少し払うことになりますけど)

 このご時世にこの値段で勝負、ということは品質に自身有りなのでしょうけれど、正直にいうなら「もう少しサッサと用事を済ませ、その分、格安ビストロごはんの方が良かったかも」と思っちゃいました。

 

|

« フランス人が大好きなMAKI | トップページ | 手抜きしつつ、でもオシャレな前菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス人が大好きなMAKI | トップページ | 手抜きしつつ、でもオシャレな前菜 »