« 簡単おいしい前菜 その2 | トップページ | きょうはフランス中でご近所祭り »

2009年5月25日 (月)

鯛のガレットソテー 一石二鳥レシピ

Photo さて、ウサギのテリーヌに続いてメインは「鯛のガレットソテー」写真が小さいので、わかりづらいですが、鯛(ドラド=黒鯛です。日本でも色々なさかなが○○鯛と呼ばれているように、赤い鯛=ドラドルージュは様々。どう見ても鯛とは似ていない魚もあります)

のソテーの表面は細切りにしたジャガイモが重ねてあります。面倒くさそう?いえいえ、これがラクチンなのよ。

 もし、付け合せにジャガイモ料理を作るとすれば、鍋とかフライパンとかを使いますよね。一方、こんな風に鯛の切り身にいきなり細切りのジャガイモをくっつけてしまえば、一つのフライパンで済んじゃう!

 もちろん、ジャガイモは細切りスライサーで、シャカシャカと切ります。

 コツといえばジャガイモは鯛をソテーする直前に切り、絶対に水にさらさないことでしょうか。水にさらすと焼くときに魚の身とはなれてバラバラになるし、となると前もって切っておくとジャガイモが変色。

 それだけ守れば、あとは普通にソテーするだけ。今日はカリカリに焼いた皮も味わいたかったので、片面だけにジャガイモをつけましたが、もちろん両面でよし。魚も青魚でもなんでもOK。

 天気が良くて南仏風に仕上げたかったので、焼くのにはオリーブオイルを使用、盛り付けのときに、黒オリーブ、ドライトマトを並べて、ハーブ(バジル、ミント、タイム)を添えましたが、バターで焼いても、特に白身魚の切り身の時はオイシイの。

 簡単、そして手間が省ける、さらにお客様でも大丈夫な美しい仕上がり、なんて料理は残念ながらそんなに沢山あるわけではないですけど、コレは本当に覚えて損のないレシピ。是非、お試しを

|

« 簡単おいしい前菜 その2 | トップページ | きょうはフランス中でご近所祭り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簡単おいしい前菜 その2 | トップページ | きょうはフランス中でご近所祭り »