« トピナンブールと胡桃のキャラメルゼ | トップページ | タパス顛末 »

2009年5月15日 (金)

金曜日だからタパス風に

Photo_3 別に金曜日だから、というのに特別な根拠はないのだけれど、昼間は夫とランチデートをしたので、夕食は少し軽めに、そしてゆっくりとワインを楽しみたいのです。

 で、帰り道にベヨタベヨタの美味しい(値段も高いけど)を買い込みました。スペインの生ハムのおいしさは格別ですよね。

Photo_4 そして、これはバカラ(フランス語ではモリュー)、鱈を塩干ししたものです。一昨日から、水を替えながら戻してあります。(写真は乾燥した状態)

もどしたものをゆでてから、玉葱と一緒に身をほぐしながら炒め、ジャガイモとあわせてから、小さなピンポン玉みたいに成型し、ひとくちコロッケに。

椎茸などの乾物って、保存食というだけでなく、別の風味があって、おいしいのは不思議。手間と時間のおかげでしょうか。

 そして、ピーマンと玉葱をゆっくりとトマト煮にしたもの。

 あとはバゲットのトーストにニンニク、オリーブオイル、そしてトマトを半分に切った切り口をこすりつけて「パンコントマト」

 もし、だれかと一緒なら、あともう一品くらい作りたいところですが、夫とふたりだからチーズとサラダ。

 チーズはバスク地方の羊のチーズですが、やはり同じバスク地方の名産、エスプレット唐辛子のジャム(赤い透明なゼリー状、甘くて辛くてフシギな味だけど)を添えるのが秘訣。

 土曜日でも出勤の夫ですが、気分的には少しのんびり出来る金曜日。

 スペインバルみたいな料理を工夫して、お気に入りのCDをかけながらの夕食の予定。

 そろそろ、コロッケのジャガイモもゆであがりそう、ピーマンの煮え具合も見に行かなくちゃ!

|

« トピナンブールと胡桃のキャラメルゼ | トップページ | タパス顛末 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トピナンブールと胡桃のキャラメルゼ | トップページ | タパス顛末 »