« パリでは思いがけないことが案外タイヘン | トップページ | 牡丹?芍薬? »

2009年5月 5日 (火)

野菜たっぷり、ひと皿ごはん

Photo_4  ランチみたいな「手抜きゴハン」な~んて言わないでね。ある意味、我が家の典型的な献立なのですから。

 ウチのごはんの特徴はとにかく付け合せの野菜がたっぷりなこと。写真の右の方にチョコッと見えているのが実はメインのイカのサフランライス詰め。冷凍庫に保存しておいたサフランライスを小イカに詰めてオリーブの入ったトマトソースで煮込んだものです。で、真ん中にどーんと乗っているのが付け合せなのです。

 小指くらいの新人参、コロコロの新玉葱、細めのズッキーニ、皮をむいたソラマメをベーコンと一緒にさっと炒めてあります。フランス式では野菜はじっくりと火を通して持ち味を引き出す、というのが基本なのだけど、この季節の野菜は生っぽく、多少カリカリに仕上げるほうがおいしいと思います。ある意味日本料理の手法に通じてる?野菜はすべて有機栽培(ビオ)のものを使用しています。

 左側はニンニク、パセリ、シブレットなどを練りこんだバターを塗ってトーストした胡麻バゲット。ハーブバターも冷凍庫に常備してある便利物。

 夫と二人暮らしの普段のゴハンには冷凍しておいた材料が助っ人になってくれています。全部、全部、そのたびに作ったほうが味は良いのかもしれませんが、ある程度手抜きして、その分ラクチン、ニコニコ顔で夫の帰宅を待つほうがお互いの人間関係が良くなる!というのは言い訳かも…。

 野菜は全部ビオなので、あわせるワインも有機栽培のものを選びます。このごろはビオブームなので、近所のスーパーで手ごろな価格の有機ワインが買えるのが嬉しい・

|

« パリでは思いがけないことが案外タイヘン | トップページ | 牡丹?芍薬? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204248/29459361

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜たっぷり、ひと皿ごはん:

« パリでは思いがけないことが案外タイヘン | トップページ | 牡丹?芍薬? »