« 豆腐の海老蒸し | トップページ | 羊のキャセロール+ごはん »

2009年4月28日 (火)

スリーダニョーのキャセロール、え?ネズミを食べるの!

 今日はフレンチおかずです。で、スリーダニョーと野菜をオーブンで焼いたキャセロール。

 スリーダニョーとは「子羊のネズミ」の意、肉屋ではスリー(ネズミ)、スリーと呼んでいるけれど驚かないでね。これは子羊の足の先の方の部位のことなのです。(写真は下煮した段階で、これから野菜などと焼くわけです。)Photo_2

 話は飛びますが、当然パソコンのマウスのこともスリーと呼びます。イタリアではネズミはトポ(そう、ある程度の年代以上の方なら、ネズミのキャラクター トッポジージョでおなじみのはず)なのですが、なぜか「マウス」と言っている。そのくせキーボードのことはちゃんとイタリア語の鍵盤という意味の言葉を使うくせにね…。

 さて、子羊に戻りましょう。

三角形の肉から骨が突き出していて、たしかにネズミの形に似ているけれど、何もこんな名前をつけなくてもねえ。牛のすね肉と同様にこの部分もゼラチン質が多く、肉質は固いけれど、しっかりと火を通すとプルプルになっておいしいものです。モモ肉はジゴと呼ばれ、高級品ですが、スリーはお値段もぐっと安いのも嬉しいではないですか。

 小さな肉屋だと脚1本丸ごと買わなければ、手に入らない部位ですが、モモ肉をステーキ状にスライスしたのをバンバン売っている店なら、簡単に買えます。

 フランス式ならひとりで1本、我が家では野菜の付け合せが大量なので、夫と私ふたりで1本で十分な量。

 今日のようにローストにする時も前もって煮込んでやわらかくしておくと野菜などと同時に火が通るし、煮込んだ状態で冷凍しておけば、北アフリカ風に「タジン」、シチュー仕立て、など色々と楽しめて便利です。

 日本のジンギスカンブームは続いているのでしょうか?ジンギスカンには柔らかい肉の部分だけを使う=誰かがこっそりスリーの料理を楽しんでいるかも。

 一度ジンギスカン用の羊肉を扱う肉屋さんで尋ねてみてはいかがでしょうか。

 今日は、キャセロールに人参、ジャガイモ、新たまねぎ、アーティーチョーク、ミニトマトと野菜があれこれ入っているので、あとはサラダだけ。

 ワインは有機栽培の南フランスのワイン「コルビエール」を軽く冷やして…。

 ワインが余ったらチーズも数種類食卓にのせる予定です。

|

« 豆腐の海老蒸し | トップページ | 羊のキャセロール+ごはん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1204248/29341282

この記事へのトラックバック一覧です: スリーダニョーのキャセロール、え?ネズミを食べるの!:

« 豆腐の海老蒸し | トップページ | 羊のキャセロール+ごはん »